キレイな歯を実現

ホワイトニング治療の注意点

歯科クリニックでオフィスホワイトニングをすると、個人の歯の質によって治療中に痛みを感じることがあります。特に知覚過敏の症状がある人は痛みが出ることもあります。ホワイトニングをする前に、一般歯科で虫歯や歯周病の治療をして口腔内を健康な状態にしておくと、痛みを最小限に抑えることができます。また、ホワイトニングの持続性も個人の歯質や食生活などによって違います。通常歯科クリニックで行うオフィスホワイトニングは半年〜1年、ホームホワイトニングは1年で着色し始めます。しかし、人によってはもっと早く、数カ月で着色しはじめることもあります。普段からホワイトニング用の歯磨き粉を使用して歯磨きをするなど、メンテナンスを心がけているとわずかながら白さを維持できます。

ホワイトニングの基礎知識

歯をホワイトニングするにはオフィスケアとホームケアの二通りがあります。オフィスケアは歯科クリニックで歯を白くすることです。短期間で歯を白くできますが効果が長続きしないというデメリットがあります。ホームケアは自宅で専用のマウストレーを使用して行うホワイトニングです。白くまるまでに時間がかかりますが、効果が長持ちするというメリットがあります。歯を白くする方法には、その他にラミネートべニアがあります。ラミネートべニアは歯の表面を削って白いセラミックを貼り付けて行います。つけ爪のような感覚で、歯の色や形を自由に変えることができます。虫歯治療のあとの金属の詰め物などは、セラミックインレーで白くできます。